FX自動売買でVPS(仮想専用サーバー)を使う理由

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
FX自動売買をするソフト「MT4」(メタトレーダー4)を活用する場合、
24時間安定稼働させるのに欠かせないのがVPS(仮想専用サーバー)です。

なぜサーバーを使うの!?についてですが、

このFX自動売買で使われているMT4は、自宅で売買する場合、
基本的にパソコンを起動させっぱなしにして稼働させておく必要があります。

そのためには、電気代や、急な停電、留守中の心配、パソコンの故障など不安要素が多く、
安定した取引の継続にはリスクがとても多いです。

その問題を解決するのがレンタルサーバーです。

レンタルサーバとは
レンタルサーバというのは、一言で言うと、
インターネット上で借りることができるパソコンです。

「Windowsデスクトップ」とか「リモートデスクトップサービス」と呼ばれていますが、
これは簡単に言うとインターネット上にパソコンを借り、
そこにMT4をインストールして電気代などを気にせず24時間取引や売買をするという、
FX自動売買業界で今主流となっている取引手法です。

サーバー管理会社が管理しているこのサーバーを借りれば、
自宅のパソコンをつけっぱなしにするとか、
電気代や停電、パソコンの故障などで取引の停止を気にする必要がなくなり、
非常に快適なトレードができるため、多くのお客様もこの手法を活用しています。